リベールクリニック アイ美容外科|四日市駅近くで美容整形・最新の医療技術で安心・安全な施術]

リベールクリニック アイ美容外科|四日市駅近くで美容整形・最新の医療技術で安心・安全な施術]

診療科目TOP > SKIN > しみ治療 > 東大式トレチノイン療法
 

しみ治療 東大式トレチノイン療法

東大式トレチノイン療法について

「しみを薄くしたい!」「しみを予防したい」という方におすすめの東大式トレチノイン療法。レーザー治療では改善が難しいとされている肝斑にも高い効果を発揮します。また、色素沈着や乳輪などの美白にも効果が発揮されます。
東大式トレチノイン療法は、塗り薬による治療方法で、ピーリングや肌再生効果のあるビタミンA誘導体トレチノインと、強力な漂白作用のあるハイドロキノンを併用しながら、治療していきます。
トレチノインが表皮の深いところにあるメラニン色素をスムーズに排出し、同時にハイドロキノンがメラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、今あるしみをケアするとともに、しみができにくい肌環境にします。
また、ピーリング・肌再生効果によって肌表面の余分なものを取り除くので、にきび改善にも有効です。
いつものスキンケアの最後にプラスして使用するだけですので、手軽なホームケアで、高い効果を実感できます。
  肝班・しみ・そばかす・乳頭や乳輪の黒ずみ・にきび・にきび跡・毛穴の開き・色素沈着・小じわなどでお悩みの方におすすめ
 
     

《トレチノイン》

トレチノイン(オールトランスレチノイン酸)とは、ビタミンA(レチノール)の誘導体で、生理活性はビタミンAの約50〜100倍あります。
トレチノインが表皮の古い角質を取り除き、肌の再生を促進するため、メラニン色素をスムーズに排出します。
もともと血液中に、誰でもごく微量に流れているものなので、抗原抗体反応を起こしたり、アレルギー反応を起こすということはありません

《ハイドロキノン》

ハイドロキノンとは、メラニン生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の活動を抑える成分です。
皮膚の色調・色むらを改善し、しみ・色素沈着などに効果があります。また、皮脂腺の働き・皮脂の分泌を抑えられるため、にきび改善にも有効です。
一般的な美白化粧品に使用される美白成分の、アルブチンなどに比べて、約100倍の効能があるといわれています。
 
 
東大式トレチノイン療法の特長
 
紫外線などの作用により、メラニンが過剰に作られ角層がたまり「しみ」の原因になります。トレチノインがメラニンを押し出し、ハイドロキノンがメラノサイトの活動を停止させ、しわを目立たなくします。
東大式トレチノイン療法の特長 気になるポイントじみ・そばかすに効果的
トレチノインが表皮の深いところにあるメラニン色素をスムーズに排出し、同時にハイドロキノンがメラニン色素を生成する
酵素の働きを抑制し、今あるしみをケアするとともに、しみができにくい肌環境にします。
一部に固まって現れるしみ・そばかすは、即効性のある『東大式トレチノイン療法』での治療がおすすめです。
 
東大式トレチノイン療法の特長 米国では治療医薬品として、FDAに認可
米国ではしわ・にきびの治療医薬品として、FDAに認可されており、多くの患者さんに皮膚の若返り薬として
使用されています。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療について
 
表皮の細胞は表皮の一番深い層(基底層といいます)で生まれてから、徐々に表面に押し上げられ、やがて角質となり、最後は垢となって皮膚からはがれていきます。(ターンオーバーは約4週間かかることが知られています)
ほとんどのしみは、基底層周辺にメラニン色素が沈着しています。
トレチノインを使用するとメラノサイト色素を一緒に持ち上げ、2〜4週間でメラニン色素を外に排出します。
東大式トレチノイン療法では、この期間中ハイドロキノンを使用し、メラノサイトに新しいメラニンを作らせなくしておきます。
そうすることで、表皮はメラニン色素の少ない、きれいな新しい皮膚に置き換えられることになります。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の経過
治療は、前半の漂白していく治療期間『2〜6週間』と、後半の炎症を冷ましていく期間『2〜6週間』に分かれます。
使用開始後、治療部位の皮膚が赤くなり、垢のように皮膚がぽろぽろむけてきます。
その後、徐々に赤みが増してきますが、しみは薄くなってきます。
はじめの1〜2週間は一番つらい時期ですが、その後お肌が薬に慣れてきて赤みやしみる感じもなくなっていきます。
しみの治療期間の目安は『8〜12週間』です。肝斑や扁平母斑の場合は治療期間がこれよりも長くなります。
改善した後はメンテナンス用ケアを行いますが、必要に応じて2回目の治療を、1〜2ヵ月の間を置いて行うことができます。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ @洗顔   洗顔は、良く泡立ててごしごしこすらないようにしましょう。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ A化粧水   化粧水をつけます。刺激が少なく、適度な保水成分を含むものをご使用ください。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ B高濃度ローション   高濃度のビタミンCローションを広くつけます。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ Cトレチノインゲル   トレチノインゲル(黄色いゲル)を、しみの部分からはみ出さないように、
ベビー綿棒で薄く丁寧に塗り、1〜2分乾かします。
はじめは1日朝・晩2回ご使用ください。
赤みが強くなってきたら、夜1回のみご使用ください。
境界がはっきりしているときは、なるべくしみのふちから出ないようにしてください。
反応・刺激が強すぎる時は、トレチノインのみをお休みしましょう。

 
     
東大式トレチノイン療法/しみ治療の流れ Dハイドロキノン軟膏   ハイドロキノン軟膏(半透明色の軟膏)を指で、広くはみ出して塗ってください。
必ず1日朝・夜2回ご使用ください。
 
朝は、日焼け止めクリームもしくはUVカット入りの化粧下地クリームを塗ってください。
  強くこすらずに、上に重ねて置く感じで塗ってください。
  余分なクリームはティッシュペーパーなどで静かにふき取りましょう。
  (UVカット配合のハイドロキノンクリームも販売しております)
お化粧をする場合は、クリームやパウダー(UVカット入り)のファンデーションを使ってください。
  コンシーラーやパーフェクトカバーなどのカバー用ファンデーションを使うこともできます。
夜は、オイルでケアすると皮膚のツッパリ感・乾燥を防ぐことができます。
 
東大式トレチノイン療法/しみ治療の注意事項
トレチノインは、厚く塗らず、薄く丁寧に塗布してください。(拭き取っても可)
トレチノインの塗る範囲は、ベビー綿棒で、できるだけ狭く広がらないように塗布してください。
ハイドロキノンは、塗り忘れのないようにしてください。
ハイドロキノンの塗る範囲は、トレチノインと異なりできるだけ広範囲に塗布してください。
顔の部分によって反応に差があります。
  〔効きやすい箇所〕…口のまわり(少々ついただけでも反応がある)・目のまわり
  〔効きにくい箇所〕…Tゾーン(高濃度を必要とすることもある)・手・足
処方された内服薬は食事とは関係なく、規則的に服用するようにしてください。
 
     

《手のしみ治療について》

手のしみ治療は、顔のしみ治療と原則的に同じですが、手の皮膚は顔の皮膚とは性質が異なり、顔より手の方が皮膚の再生が遅いこと、また、顔のように効率的にメラニンが出てこないこと等により、顔のしみよりもはるかに
難しくなります。
手の治療を希望される患者様で、顔にもしみがある場合は、顔のしみを先に治療して、トレチノインの治療に
慣れてから手のしみ治療することをお勧めします。
手や足に出来ているしみは、まずレーザー治療を優先し、その後の炎症後色素沈着(治療後3〜4週程度)に
対してトレチノイン治療をおこなう方がスムーズに治療を終えることができます。
 
〔手のしみ治療に当たっての注意事項〕
家事などで薬の成分が奪われやすいので、オイルやハンドクリームなどで十分に保湿ケアを行ってください。
可能なときは、綿の手袋などをつけることをお勧めします。
手にも、日焼け止め・ファンデーションなどでの遮光を忘れないでください。
 
 
東大式トレチノイン療法を受けるにあたって
 
強い薬を使う治療ですので、漂白治療中は必ず医師の指示通りの日程で診察を受けて下さい。
治療の進行状況・肌の状態に応じて、診察の都度、薬が変更・追加されたり指導法が変更されたりしていきます。
定期的に指導を受けないと予期せぬ炎症後色素沈着を呼ぶこともあります。
また、原則的に患者さんご自身により、軟膏を塗布するという方式を取っていますので、患者さんがこの治療を
よく理解されているということが重要です。
 

《皮膚がむけ、赤くなってきたら》

治療開始2、3日ほど経つと、塗ったところとその周辺の皮膚がポロポロとむけ、赤くなってきます。
顔を洗うときも、ヒリヒリすることがあります。この反応は、トレチノイン治療には必ず伴う反応です。
また、本治療を中止すれば、徐々に回復します。皮は無理にむかず、自然にはがれるのを待ってください。
このように皮膚がむけ始めましたら、次のことに注意してください。
@保湿ケア
トレチノイン治療中は、皮膚の角質層がはがれますので、皮膚のバリアー機能や水分保持機能がなくなっています。
治療部位では水分がどんどん蒸発して、皮膚が乾いて突っ張ったりします。
いろんな刺激や外敵から皮膚を守るために皮膚を保護する必要があります。
A紫外線のケア
トレチノイン使用中は、紫外線の影響を非常に受けやすい状態になっています。
担当医の指示に従い、適切な紫外線ケアを使用しましょう。
刺激の少ないサンスクリーン(紫外線吸収剤が入っていない製品)や遮光用ファンデーションなどを使用します。
特に汗をかく季節には紫外線ケアがおろそかになりますので、日中は頻繁に気を配るようにしてください。
 

《以下の症状が出た場合》

このような時は、早めに担当医にご相談ください。
痛みが強すぎる
所々血がにじんでいる
数カ所ひどくしみるところがある
赤くなりすぎる
1週間使ってもまったく赤くならない場合
その他、不安があるようでしたら、いったんトレチノインのみを中止して次回の診察のときにご相談ください。
自分の判断で中止すると炎症後色素沈着を誘発することがありますので、中断する場合も医師の指導を受けてください。
緊急には、お電話などでの相談もお受けします。
 

《これから赤ちゃんを作る予定のある方へ》

トレチノインは、動物実験では大量内服用投与によって奇形を生ずることが知られています。
ヒトでは、トレチノイン外用との因果関係が明らかな奇形発生はこれまでありません。
しかし、念のためトレチノイン治療中は避妊を行ってください。
 
東大式トレチノイン療法メニュー

東大式トレチノイン療法 トレチノイン0.05% 5g 3,900円
トレチノイン0.05% 10g 5,500円
トレチノイン0.1% 5g 3,900円
トレチノイン0.1% 10g 5,500円
トレチノイン0.2% 5g 3,900円
トレチノイン0.2% 10g 5,500円
トレチノイン0.4% 10g 6,900円
5%ハイドロキノン 5,500円
5%コウジ酸 5,250円
5%ハイドロキノンUV 8,800円

 
メソセラピー(脂肪溶解注射)のダウンタイムについて
 
施術当日から普段どおりの生活をしていただけます。
 
リベールクリニックでは、一人一人の目の特徴とご希望を踏まえながら、入念なカウンセリングとシミュレーションを行い、
最適な施術をご提案します。お気軽にご相談ください。
 
     
 
● 『診療科目のトップ』のページへ戻る

  • 痩身・しわ・たるみ取りに効果的なEXILIS(エクシリス)
  • 東大式トレチノイン療法
  • サリチル酸マクロゴールピーリング
  • アイ美容外科メンズクリニック
  • 初めてご利用されるお客様へ
  • お問い合わせ
  • スタッフブログ
  • リクルート
  • モバイル版アイ美容外科
  • 9月のカレンダー